Roberts SurfboardsのRobert Weinerは、2011年のShaper of the YearをSurfing Magazine(2011年1月版)で受賞しました。

ロバーツは12歳のときに自宅のガレージでサーフボード制作を始め、1990年にマッククリスタルサーフボードで働きはじめます。パフォーマンスサーフボードのデザインの限界を押し広げるために、自身も波がある日は必ず海に入りその経験を生かしてサーフボードを作成しています。

2008年に彼が作成した魔法のボードについての噂が広まり始めました。それが「ホワイトダイヤモンド」です。

ホワイトダイヤモンドの人気が高まる中、その他のロバーツサーフボードは、一般的なサーファーとチームライダーの両方に十二分な結果をもたらし続けています。21勝のCory Arrambideと28勝の五十嵐カノアも大会で使用しています。またDillon Perillo(Rip Curl&DC Shoesがスポンサー)は、5つのプロジュニアファイナルに連続して出場しています。

https://www.robertssurf.com

1+